例文から学ぶ!正しい志望動機の書き方【例文を越えた内容を作る】

相手に1番伝えたいこと

勉強道具

自己アピールは大事

面接でよくある志望動機について。それを考える時に大体は例文を利用しますよね。志望動機とはいえ、なぜそこに行きたいのかを具体的に話すとなると、例文無しでは大変なこともあります。ですがそれら無くかっこよく自分の気持ちを伝えてみたいと思ったことはありませんか。そこで、志望動機の例文になるレベルの言葉の考え方、伝え方について見ていこうと思います。まず、志望動機はハッキリと端的に。これは非常に大事な事ですね。相手がそれを読んだ途端にすぐにイメージがわくかどうかで考えて書いていかなければ、いざ本番で伝える時も失敗したり伝えきれなかったりしがちになります。言いたいことや伝えたいことは何も知らない相手が聞いても理解出来る分かりやすさが求められます。そして、例文を何個も見る志望動機だけでなく、何かを人に伝えるための元のようなものを何個も読み漁ってみるのです。そこから得た書き方や工夫を自分らしくアレンジすることで例文を越えた内容を作ることだってできるかもしれません。また、家族や友達に聞いてもらう面接官や相手方は聞いた感想を話してはくれません。ですが、練習として家族や友達に話せば、初めて聞いた人なりの率直な意見が聞けるかもしれません。何が不足していてなにを足せばいいのかハッキリしてくるはずです。まとめ志望動機の例文になるような文を書いてみるには、例文をよく読み込んで自分なりにアレンジしてみる事、またそれを感想を言ってくれる知り合いに聞いてみてもらうことが大切です。その中で補っていくことできっと本番でいつもよりも数倍聞きやすくわかりやすい話し方ができるようになるでしょう。聞く方の気持ちを理解し、学習することで思っていた以上の結果が出るかもしれませんね。

Copyright© 2018 例文から学ぶ!正しい志望動機の書き方【例文を越えた内容を作る】 All Rights Reserved.