例文から学ぶ!正しい志望動機の書き方【例文を越えた内容を作る】

傾向と対策を見てみよう

鉛筆

塾で徹底的に学ぶ

受験対策というとテストの勉強だけをしてしまいがちですが、小論文が必要になることもあります。書き慣れていないと何を書いていいものか分からないものです。そんな人のために、塾で小論文対策をしてくれることがあります。受験に必要な場合には塾で徹底的に対策しておきましょう。傾向と対策を考えることで見えてくるものがあるかもしれません。基本的にはテーマに沿ったことを書けばいいので、テーマ内容をきちんと把握するところから始まります。テーマを理解し、文章を組み立てていきましょう。思いついたことをただ書けばいいというわけではりません。起承転結を考えて書くと読みやすくなります。いきなり書き始めるのではなく、下書きをして文章を組み立ててからにしましょう。それから、小論文の例文などを参考にしてみるのもいいかもしれません。大きな書店に行けば、小論文対策の書籍がたくさん並んでいます。それらを参考にすれば文章の組み立て方も分かってくるはずです。また、小論文といっても受験校によってテーマや指定枚数などが異なります。長文もあれば短文もあることでしょう。それに合わせて文章の組み立て方も違ってくるものです。短くていい場合には長々と説明を書くことはありません。序章、本論、終章というように組み立てていくといいでしょう。この構成なら400字詰め原稿用紙3枚から5枚程度で収まります。このように、小論文の書き方が分かればスラスラと書けるようになるはずです。

Copyright© 2018 例文から学ぶ!正しい志望動機の書き方【例文を越えた内容を作る】 All Rights Reserved.